いずみ小学校

平成24年4月1日,五四中学区の4つの小学校(一野坪小学校,沖飯詰小学校,毘沙門小学校,飯詰小学校)が統合し,「いずみ小学校」が開校しました。

5月1日現在,学級数10全校児童205名となっています。

みんなの合言葉は,「心ひとつ」

めざす学校の姿は,

「子どもたちの輝きあふれる学校」

@    子どもたちの心が通い合い,明るく楽しく活気あふれる学校

A    分かる授業,安全の徹底,小・中連携等から,子どもたちが安心できる学校

B    家庭・地域との信頼を高めて,子どもたちを共に育てる学校

めざす子どもの姿は,「明るくやさしい子,よく勉強する子,心身のたくましい子」

@    思いやりと協力の心で,仲間と共に学校づくりに励む子ども

A    自分の考えを持って,進んで学習に取り組む子ども

B    命を大切にし,心と体をきたえる子ども

教育目標は,《仲間を大切にし,心豊かにたくましく生きる子ども》

  〜学び合い,助け合い,きたえ合い〜

    よく考えて学び合う子

    なかよく助け合う子

    元気にきたえ合う子努力目標は,

    自分の考えを持ち,はっきりと話す子を育てる

    思いやりの心を持ち,みんなと協力する子を育てる

    健康な心と体を持ち,めあてに向かって励む子を育てるとなっています。

 

上の写真は,開校してまもなくの4月10日,「心ひとつ」に全校が早く仲良くなろうと企画された全校縦割り班集会の様子です。全校205名が広い体育館いっぱいにゲームで汗を流しました。

 

6月2日(土),いずみ小学校開校を記念する「大運動会」が開催されました。子どもたちは「心ひとつに完全燃焼」を胸に誓って,競技や演技,応援,係活動に一生懸命でした。皆さんからの応援も盛り上がり,高学年団体表現「いずみソーラン」にはアンコールまでいただきました。運動会は子どもたちの成長を確かめる大事な行事ですが,協力し合ってのびのびとがんばってくれました。皆さんからの運動会の感想も,「子どもたちの連帯感が素晴らしい」の声がとても多く,大変ありがたく思いました。そして,「私たち大人も負けないようにしていきたい」などの感想もあり,これからの大事な示唆と受け止めたところです。

戻る>>