今年もお盆に立佞武多が飯詰にやってきた!
2018.0814

今年も五所川原市の全面的協力とたくさん団体からのお手伝い、又企業、個人などからのご支援のおかげで実施できました。ご協力本当にありがとうございました<m(__)m>

今年は大型ねぷたの5分の1サイズの「津軽十三湖伝説 白髪水と夫婦梵鐘」が最後の雄姿を見せてくれました。来年にはこちらのねぷたは観られなくなります。

多くの参加者と観客と共に一晩の立佞武多祭りが開催されました。

今年は拡声器が故障して司会の松野さん、副住職の清野暢邦様には大変失礼をいたしました。にも関わらず大きな声で話していただき、ありがとうございました。

 

 

                     写真:熱血写真家 hunakoshi&sannohe

 

台湾から帰ったばかりの
「津軽十三浦伝説 白髭水と夫婦梵鐘」

 

今年も司会は八幡宮宮司の松野さん、岡田会長に引き続き
長円寺副住職清野暢邦さんからこの立佞武多を飯詰でお披露目することについてお話がありました

 

 

 

長円寺から出発式~コミセンまで

 

 

  

囃子の音に参加者や見学者が少しずつ集まってきました

 

津軽半島観光アテンダントの2人と飯詰の代表2人

 

 

 

出発の鐘の音 ゴ~~ン

 

今年は1台です

 

通りが少し暗いのが残念です

舞姫さん達はとても素敵

今年はアテンダントさんが来賓の方が
みんなと一緒にねぷたを引いてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミセン到着  舞姫の舞・獅子舞演技

 

 

 

お待ちかね~~舞姫さんですよ

 

一生懸命さが伝わりました

 

 

 

 

 

 

小さな小学生から一緒にやっています。

 

ちゃんと披露できました

 

 

 

 

獅子舞(民俗文化財承認)はいつみても感動です(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やり遂げた(^_^) いい顔です

子ども達にお菓子のプレゼント

 

<編集後記>
3年連続でこの飯詰立佞武多祭りを開催できました。
今年はすこし早めの準備をしていましたが、当日になってマイクの故障というアクシデントがありました。にもかかわらず、大きな声で司会をやって下さった八幡宮の松野様、出発にこれまた大きな声でお話いただいた副住職の清野暢邦様には感謝の気持ちでいっぱいです。

今年は立佞武多の寄付金をポスターで呼びかけたのと会長が企業を回ってお願いするという方法のみでしたので、昨年ほどは集まりませんでした。
しかし、コミュニティーセンターの準備の時に寄付金を届けてくださった方もいらっしゃり、そういう善意の気持ちで実施できていることを忘れてはいけないなと思いました。
飯詰立佞武多のイベントも三回目・・・毎年続けて飯詰の夏の風物詩にしたいという目標はいいかもしれない・・・に変わってきました。
どうぞ、来年もよろしくお願いします。<m(__)m> 

※寄付金の使い道は会でしっかり管理しております。by sonota

 

>>戻る (TOPページへ)