司馬遼太郎が好き!(2)

HOMEp.1p.2p.3p.4p.5p.6p.8リンク寄せ書き

 
 「竜馬がゆく」がラストに近づくと・・・。
これから先は「ゆっくり読もう」と思う。まだ竜馬に死んでほしくないからだ。残りのページを目分量ではかりながら「まだ大丈夫」と、安心していると・・・。

 突然に竜馬の最期がやってくる。

 誰にとっても「竜馬がゆく」は、司馬作品の読み始め。初心者。まだ作法も知らず、その手法にもならされていないウブなころ。だからだまされてしまう。

 「まだページは残っている」のだが、最終ページが「小説」の終わりなのではない。本当のあとがきの前に「あとがき風」の記述が・・・。

 身がまえる前に竜馬の最期をむかえ、うろたえる。涙がポロポロ。心にはポッカリ穴が空き、腑抜けの状態に。
 

司馬遼太郎記念館へ行こう!

 

 それからは、食事もノドを通らない。何週間も。
魂がぬけたまま、空白の時が流れてゆく。

あれから●●年。司馬遼太郎逝去のニュース。

 あの時とおんなじだ。

「竜馬が死んだ」がフラッシュバック。
1ヶ月以上腑抜け状態。
仕事は手についていたのだろうか?

【写真1】【写真2】【写真2】【写真3】【写真4】
【写真5】【写真6】【写真7】【写真7】【写真8】
【写真9】【写真9】【写真10】【写真11】

< 坂本龍馬記念館(桂浜) >

坂本龍馬記念館(桂浜)坂本龍馬記念館(桂浜)




もどる  つぎへ
HOMEp.1p.2p.3p.4p.5p.6p.8リンク寄せ書き