司馬遼太郎記念館へ(2)

HOMEp.1p.3p.4p.5p.6p.7p.8リンク寄せ書き

 喫茶店HIROは、とってもいい雰囲気でした。
 おかみさんがやさしく、店内も清楚。インテリアや生花も、全体的に上品で雰囲気によくマッチしている。
 コーヒーを注文すると、モーニングサービスをつけてくれた。
 つぎつぎと、お客さんがやってくるが、全然あわただしく感じない。お客さん全員とおかみさんが楽しくセンスのある会話。とってもいい雰囲気でした。
 私は、敢えて話しかけず、お店の雰囲気につつまれながら、たまたま持参していた『歴史の交差路にて』を読む。
司馬遼太郎が通ったかどうかは聞かなかった。

喫茶店HIRO
司馬遼太郎の自宅を通って記念館へ−いよいよ入館  さあ!いよいよ入館。玄関から中に入ると、受付の女性が2人。美人!
とってもやさしい応対。
 玄関をくぐって、右側に入場券の自動販売機。大人は500円。左手が記念館。歩を進めかけたが引き返し「写真撮影はかまいませんか?」と尋ねると、「外からは結構です。館内はご遠慮ください」とのこと。それでは、ということでカメラを取り出す。
司馬遼太郎の書斎への案内  進行方向に向かうと、書斎。
 『街道をゆく−濃尾参州記』執筆当時のままの状態が保存されている。
司馬遼太郎の書斎  これが書斎!
あまり上手く撮れていません。すみません。
 こちらもどうぞ!
▼写真12
▼写真13
司馬遼太郎記念館回廊  記念館エントランスにいたる回廊。
そこには、司馬遼太郎が好きだった菜の花。
これだけで、涙が・・・。
▼写真15


もどる  つぎへ
HOMEp.1p.3p.4p.5p.6p.7p.8リンク寄せ書き