漢字家族 トップ

漢字家族
 ┣ 漢字家族について
 ┣ コラム(補足説明)
 ┣ 文と字
 ┣ 象形指事会意形声
 ┣ 形声文字
 ┣ 転注・仮借
 ┣ 漢文の基本構造
 ┣ 鶏肋(ケイロク)-鳥 隹 酉(とり)鶏肋(ケイロク)---鳥 隹 酉(とり)
 ┣ 鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや
 ┣ 鶏口牛後(上の口、下の后)
 ┣ このや海の運くとき・・・
 ┣ 牛・丑・うし・ウシ
 ┣ 子(ね)と鼠(ねずみ)
 ┣ 犬 狗 戌(いぬ)
 ┣ 猿と申(さる)
 ┣ 羊と未(ひつじ)
 ┗ 干支(えと)

漢字質問箱
 ┣ 漢字質問箱
 ┣ 質問コーナー
 ┣ 筆順の強制について
 ┗ 宣帝と儒者

リンク1
 ┣ 漢籍リンク集
 ┣ 藤堂明保博士著作
 ┣ 漢字能力検定協会
 ┗ 春秋戦国史(秀逸)

リンク2
 ┣ 使えるツール
 ┣ グーグルツールバー
 ┗ 日本史&文学史辞書

渾沌のHP
 ┣ 渾沌のHP
 ┣ 作者:渾沌
 ┣ 司馬遼太郎記念館
 ┣ 教育催眠研究会
 ┗ e_mail to 渾沌

 渾沌へのメール
kanjikazoku@yahoo.co.jp
鳥 隹 酉(とり)-- 干支(えと)

【鳥】 【呉音・漢音】チョウ(テウ) 【訓】とり 鳥

 トリの姿を描いた象形文字。図解のとおり、尾のたれさがったとりのことである。のち広くとりの総称に用いる。

 この字が表すチョウというコトバは、長々と垂れさがるという意味である。その証拠に、あの甲子園球場を(長々と垂れさがって)すっぽりと覆うツタ蔦(チョウ)という。長々と垂れる植物だから、草かんむりをつけて「草+鳥」という字形で表したのである。

 吊(チョウ)・・・・長々とぶらさがる と同系。は「口+巾(ぬの)」で、布切れで何かをぶらさげるさまを示す。昔の穴あき銭にひもを通して百文をつなぎ、ぶらりと腰にぶらさげたのを一吊銭・両吊銭とかぞえた。

■単語家族
鳥・弔・吊・督 ・・・・ 細長く垂れ下がる

line


【隹】 【呉音・漢音】スイ 【訓】とり 隹

 同じくトリの姿を描いた象形文字であるが、尾の短いとりを描いたもの。尾が短くて、小柄でずんぐりと太ったトリのこと。

 ずんぐりと太いの意を含み、雀(すずめ)・隼(はやぶさ)・雉(きじ)などの字に含まれるが、鳥とともに、広く、トリを意味することばになった。

 このの字に「土」をつけると、堆積(たいせき)のの字となる。ずんぐりと土を盛った状態を表し、下太りにしまった土盛りのことである。

 また、ずんぐりと重い石で作ったウスや重しの石を、「石+隹」→「碓」(タイ)と書き表し、ずっしりしたツチを、「木+隹」→「椎」(ツイ)と書く。

 このように、およそ「隹」を含む字はすべて、ずんぐりして、小太りにしまった形をしているという意味を含んでいる。

 ということで、トリのうちでも、(すずめ)・(ガン・かり)・(ひな)のように、全体として小太りでひきしまった形をしているトリの名には「隹」が含まれている。

 しかし、この使い方の原則は、後年になって乱れてしまい、ニワトリのことをとも「鶏−鳥+隹」とも書くようになった。また、(うずら)のような、尾が短くてずんぐりと小太りな姿をしているトリにも「鳥」を含む例が出てきた。長い年月の間に「乱れ」が習慣となったものである。

line


【酉】 【漢音】ユウ(イウ) 【呉音】ユ 【訓】とり 隹

 トリ。十二支の十番め。もともと動物のトリとは関係がない。

参照:「十二支と動物」
参照:十干十二支 -- 干支(カンシ・えと)
参照:「酉」の音韻について(漢字質問箱)

  酒をしぼるツボの象形。(シュウ・しぼり酒) ─ (シュ・シュウ) ─ 「手+酋」(シュウ・引きしぼる) ─ 「手+秋」(引きしぼる)は、(シュウ・引きしめる → 収穫する)と同系である。とは、収穫した穀物で新酒を作る時と考えてもよいし、広く「引きしめてひと所に収穫する」意と解してもよい。『説文』「就(ひと所に引きしめてまとめる)」と考え、『漢書律暦志』「留熟(新酒を熟させる」)」と考えている。
 ※申堅於申,留熟於酉,畢入於戌,該「門+亥」於亥。『漢書律暦志』


鶏肋(ケイロク)---鳥 隹 酉(とり)鶏肋(ケイロク)---鳥 隹 酉(とり)
鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや
鶏口牛後(上の口、下の后)・・・上の「アナ」と、下の「アナ」鶏口牛後(上の口、下の后)・・・上の「アナ」と、下の「アナ」
鶏口牛後(上の口、下の后)・・・上の「アナ」と、下の「アナ」是(こ)の鳥や、海の運(うご)くとき則(すなわ)ち将(まさ)に南冥(ナンメイ)に徙(うつ)らんとす

(もどる)



























 2004年11月24日 02:30 カウンタ設置