<漢字を楽しくおぼえよう>
[漢字家族]
〔3〕 ややこしい勉強のしかたをあらためよう
5.ヘンな先生

 漢字は、それをおぼえようとすれば、その形がややこしいだけでなく、そのほかにもさまざまなルールを守る(教える先生のクセ好みをまねる)ことを強制されます。

 たとえば、

 「ここはハネずにとめなさい」

だとか、

 「この線は上の線よりも短くしなさい」

だとか、

 「この線はななめではなくまよこに引きなさい」

だとか、うるさいことこのうえもありません。

 でも、こういうことを強制する先生がいたとしたら、その先生はまだまだ勉強が足りません。

 ほんとうはこんなことはあまり気にしなくてもよいのです。

[漢字テストのふしぎ]

[前のページ][次のページ]