<漢字を楽しくおぼえよう>
[漢字家族]
〔2〕 倉頡(ソウケツ) − 漢字の発明者 はたくさんいた
4.子どもには迷惑

 こういうふうに、同じことばをあらわす字が二つ以上あるということは、おもしろいことではあるのですが、漢字を勉強する子どもたちにとってはたいへん迷惑なことです。

 こういうことも私たちとって、漢字をおぼえにくくする原因のひとつになっています。


[前のページ][次のページ]