文字「文」と「字」

漢字家族 トップ

漢字家族
 ┣ 漢字家族について
 ┣ コラム(補足説明)
 ┣ 文と字(漢字の種類)
 ┣ 象形指事会意形声
 ┣ 形声文字
 ┣ 転注・仮借
 ┣ 漢文の基本構造
 ┗ 漢字検定過去問題

漢字質問箱
 ┣ 漢字質問箱
 ┣ 質問コーナー
 ┣ 十干十二支(干支)
 ┣ 筆順の強制について
 ┗ 宣帝と儒者

リンク1
 ┣ 漢字の本
 ┣ 漢籍リンク集
 ┣ 藤堂明保博士著作
 ┣ 春秋戦国史(秀逸)
 ┗ 老人党公式サイト

リンク2
 ┣ 使えるツール
 ┣ グーグルツールバー
 ┗ 日本史&文学史辞書

渾沌のHP
 ┣ 渾沌のHP
 ┣ 作者:渾沌
 ┣ 司馬遼太郎記念館
 ┣ 教育催眠研究会
 ┗ e_mail

漢字の種類

  ■□■ 漢字の種類(成り立ちによる分類)□■□


象形文字「文」
指事文字
会意文字「字」
形声文字

※今日では、「文字」という熟語になっていますが、昔の人は
「文」と「字」とを区別していました。「文」とは、さまざま
な事物をまるで「もよう」をえがくように書きあげたもの。
「文」とはつまり「紋(もよう)」のことです。象形文字指
事文字がそれにあたります。

 これに対して、すでにできあがった「文」(もようのもじ)
を組み合わせて、しだいに増補(ふやしていった)したのが、
「字」です。生物が増し増えることを孳乳(ジニュウ)といい
ますが、あたかも動物が子を産みふやすように、しだいに増加
していったのがこの「字」であったのです。字とは孳(ふえる)
や滋(ふえる)と同じ意味なのです。

字−孳−滋
 形声文字会意文字のように、すでに作られた象形文字指 事文字をいろいろに組み合わせて増やしたのがこの「字」なの です。したがって、漢字を大きく分けた場合には、この「文」 と「字」の二種類になります。
※「漢字の種類」(成り立ちによる分類)について ※「転注文字」・「仮借文字」について ※「形声文字」について  形声文字 つくりは「音」を表す=つくりは「意味を表す」

もどる