漢文の基本構造

漢字家族漢籍リンクコラム漢字質問箱筆順5原則形声文字

 漢文学習の基本は、日本語にはいった漢語の熟語をじっくりと見つめること。
 熟語の構造を分析すると、次の五種類に分類することができる。


1.主語 ─ 術語の関係(主術の関係)

 「AがBする、AはBだ」という「主語 ─ 術語」から成り立っている関係。
   地震(地が → 震える)   雷鳴(雷が → 鳴る)
   人造(人が → 造る)    国立(国が → 立てる)


2.修飾語 ─ 被修飾語の関係(修飾の関係)

 AがBを修飾するという関係。
   幼児(幼い → 児)     急行(急いで → 行く)
   激動(激しく → 動く)   再会(再び → 会う)
   速成(速やかに → 成る)  常習(常に → 習う)


3.並列の関係

 AとBが同等の資格をもって並んでいる関係。意味を考えれば、AとBとが同種の場合もあるし、反対のものが並ぶ場合もある。
   人民(人と = 民と)    優良(優れて = 良い)
   粗悪(粗末で = 悪い)   上下(上と ←→ 下と)
   往復(往きと ←→ 復りと) 善悪(善と ←→ 悪と)


4.補足の関係

 Aで、行為や現象を示し、Bで、その対象や場所・事物などを補う、という関係。
   成功(成す ← 功を)    失業(失う ← 業を)
   登山(登る ← 山に)    帰郷(帰る ← 郷に)
   読書(読む ← 書を)    降雨(降る ← 雨が)
   有力(有る ← 力が)    無能(無い ← 能が)


5.認定の関係

 Aで、よしあし・可否などの認定をくだし、Bで、その内訳・内容を述べる、という関係。
   不正(ない ← 正しく)   非常(ない ← 常で)
   可視(られる ← 視る)   可憐(べきだ ← 憐れむ)
   不可能(でない ← 可能)  不可避(られない ← 避ける)
   未来(まだ・でない ← 来る = まだ来ない)
   当然(きっと・べきだ ← 然る = きっと然るべきだ)


 ※1〜3までは、日本語の構造 ─ 語順と同じである。
 ※4〜5は、漢文(熟語)では「AB」の順に書かれるのに、日本語では「BA」というように、Bをさきにいうのが普通である。


  漢文は、基本的には、以上五種類の構造が中心となり、さらにそれぞれの語に修飾成分がついて、成り立っています。

漢字家族漢籍リンクコラム漢字質問箱筆順5原則形声文字



2003年9月27日 1:51 counter 設置