踵 


【漢音】ショウ 【呉音】シュ
くびす, つぐ, いたる, しきりに, ついで


会意兼形声。
「足+音符(おもみがかかる)」。


(1)くびす。かかと。体重のかかる足のかかと。
  《類義語》⇒踝(カ)(くるぶし)。「旋踵=踵を旋らす」
  「摩頂放踵、利天下為之=頂を摩し踵を放つも、天下を利せんとしてこれを為す」〔孟子・尽上〕
(2)つぐ。すぐあとに続く。あとを追う。「踵武(ショウブ)」
(3)いたる。あとをたどっていく。また、たずねていく。
  「踵門而告文公曰=門に踵りて文公に告げて曰はく」〔孟子・滕上〕
(4)しきりに。ついで。あとからあとから。引き続いて。
  「踵見仲尼=踵いで仲尼に見ゆ」〔荘子・徳充符〕

(足でトンと地面をつく)と同系。

もどる