傭 


【漢音】ヨウ 【呉音】ヨ
やとう


会意兼形声。
(ヨウ)は、真ん中を突き通して全体をならすの意を含む。と同系のことば。
傭は「人+音符」で、もと、一定の期間を通して仕事をさせ、全体をならして賃金を支払うこと。のち広く、やとうの意となる。⇒


※平均した値で、労賃を支払うこと。転じて毎日の労力に対して、平均して日数計算をする雇いかたをいう。
(1)やとう(やとふ)。人をやとう。
  《類義語》⇒雇・用。「雇傭(コヨウ)」「傭人(ヨウジン)(やとい人)」
  「嘗与人傭耕=嘗て人のともに傭耕す」〔史記・陳渉〕
(2)やとい賃。《類義語》⇒賃。

などと同系。

もどる