衝 


【漢音】ショウ 【呉音】シュ
つく


会意兼形声。
は「人+土+音符」からなり、人が地上をつきぬくように形に、とんと重みをかけること。
は「行(みち)+音符」で、どんとつきぬける大通りのこと。またと同じで、つきぬく勢いでぶちあたること。


(1)町をつきぬけている大通り。「要衝(交通路の要所)」
  「及衝、撃之以戈=衝に及び、これを撃つに戈を以てす」〔春秋左氏伝・昭元〕
(2)つく。ぶちぬくような勢いで物にあたる。どんとつきあたる。
  《同義語》⇒撞。「衝突」
  「使軽車鋭騎衝雍門=軽車鋭騎をして雍門を衝かしむ」〔戦国策・斉〕
(3)敵陣をぶちぬくための戦車や軍艦。「衝車」

(ショウ)(つくかね)・(つきとおる)などと同系。

もどる