棟 


【漢音】トウ 【呉音】ツ,ツウ
むね, むな, むなぎ, かしら


会意兼形声。
「木+音符東(まん中を通す)」。
家の頂上をとおすむな木。


(1)むなぎ。屋根の上を横につらぬいてとおる長い木。
(2)むね。家の最も高い所。屋根の面と面が交わる所。
(3)かしら。主要な人物。おさ。
  ▽まん中を通るしん棒の意から。「棟梁(トウリョウ)」
(5)星の名。大角。
《日本語での特別な意味》
  むね。家屋を数える単位。

(とおす)・(上下につきぬけてうごく)などと同系。

もどる