泡 


【漢音】ホウ(ハウ) 【呉音】ヒョウ(ヘウ)
あわ, うたかた


会意兼形声。
は、胎児をまるく包んだ形を描いた象形文字。(ホウ)(胎児を包む子宮膜。えな)の原字。
泡は「水+音符包」で、まるくふくれる、包むの意を含む。

あわ。うたかた。空気をつつんで、まるくふくれたあぶく。「水泡」

・缶(ホウ)(腹のふくれたつぼ)・・保(ホウ)(子どもを包むようにしてだく)などと同系。

もどる