蟲(虫) 


[1]【漢音】キ(クヰ) 【呉音】ケ(クヱ)
[2]【漢音】チュウ  【呉音】ジュウ(ヂュウ)
むし


(1)〔虫〕象形。へびの形を描いたもので、まむしのこと。
(2)〔蟲〕会意。虫を三つあわせたもので、多くのうじむし。
転じて、いろいろな動物をあらわす。
  ▽もと、虫と蟲(チュウ)は別の字であるが、のち、虫の字を蟲の略字として用いる。


[1]〔虫〕{名詞}まむし。
[2]〔蟲〕 (1)むし。昆虫(コンチュウ)の総称。
(2)動物の総称。羽虫は鳥類、毛虫は獣類、甲虫は亀(カメ)類、鱗虫(リンチュウ)は魚類、裸虫は人類のこと。
(3)むし。足のあるむしの総称。▽足のないのを豸(チ)という。
(4)うじむし。また、小さいもののたとえ。
  《類義語》⇒蛆(ショ)。
《日本語での特別な意味》
@むし。子どもがおこす病気。
Aむし。ある事に熱中する人。「本の虫」
Bむし。人をののしっていうことば。「弱虫」

道・寿・条・育・充・虫(細長く伸びる)

※「まむし」の意味のときは新旧字体の区別がなく、もともと「虫」である。

もどる