謡 


【呉音】【漢音】ヨウ(エウ)
うたい, うたう, うた


形声。
右側の字は、まんべんなくこねることで、ここでは単に音をあらわす。
謠は、声を長くのばし節をつけてうたうこと。


(1)うたう(うたふ)。節をつけ、声をのばしてうたう。
  《類義語》⇒歌。
「我歌且謡=我は歌ひ且つ謡ふ」〔詩経・魏風・園有桃〕
(2)うた。節をつけたうた。民謡。民意を反映し、予言を含むものと考えられた。「民謡」「歌謡」
「好為廬山謡=好しく廬山の謡を為らん」〔李白・廬山謡〕
(3)世間に流れている、根拠のはっきりしない話。うわさ。「謡言(デマ)」
《日本語での特別な意味》うたい(うたひ)。謡曲。

遙(ヨウ)(=遥。細く長い道の続くさま)・搖(=揺。ゆらゆら)と同系。

もどる