狡 


【漢音】コウ(カウ)  【呉音】キョウ(ケウ)
ずるい


会意兼形声。
交は、人が足をくねらせて交差させたさまを描いた象形文字。狡は「犬+音符交」で、犬が身をくねらせて、すばしっこく逃げるさま。すばしっこい、ずるいなどの意となる。⇒交


(1)ずるい(ずるし)。
身をくねらせて、するりとぬけるさま。すばしこいさま。また、転じて、ごまかしがうまく、悪賢いさま。
《類義語》⇒奸(カン)・詐(サ)。「狡猾(コウカツ)(するりと身をかわしてずるい)」「狡詐(コウサ)」「狡兔(コウト)(ぬけ身のうまいうさぎ)」
(2)身ごなしが柔らかいさま。見ためはかわいいが、心は悪賢いさま。「狡童(コウドウ)」
(3)からだの柔らかい犬。すばしこい犬。


交(×型に交叉する)・校(木を交叉させた足かせ)・郊(交叉して往き来する−交通、だけの範囲)・効(力を絞り出す)・傚(コウ)(みならう)・佼(体をくねらせる → つやっぽい人)などと同系。

もどる