咬 


【漢音】コウ(カウ)  【呉音】キョウ(ケウ)
かむ

会意兼形声。
「口+音符交(交差させる)」で、上下のあごや歯を交差させてぐっとかみしめること。


かむ。あご、または歯をかみあわせる。
《類義語》⇒輓(ゴウ)。
「不能咬菜根=菜根を咬む能はず」〔小学・善行〕


交(×型に交叉する)・校(木を交叉させた足かせ)・絞(紐や布を交叉させてしぼりあげること)・較(車上に交叉させた棒 → 交差させてつきあわす)・郊(交叉して往き来する−交通、だけの範囲)・効(力を絞り出す)・狡(体をくねらせてすりぬける → ずるい、すばしこい)・佼(体をくねらせる → つやっぽい人)などと同系。

もどる