酷 


【漢音】【呉音】コク
むごい, きびしい, はなはだしい, はなはだ


会意兼形声。
告は、牛の顔をきつくしめるつのあて。酷は「酉+音符告(きつくしめる)」で、しめつける意を含む。もと、舌をきつくしめつけるような強い酒のこと。


(1)(コクナリ)・(コクニス)むごい(むごし)。きびしい(きびし)。
情け容赦なくしめつけるさま。むごたらしい。ひどい。きびしくする。
《類義語》⇒苛(カ)。「残酷」
「其使民也酷烈=其の民を使ふや酷烈なり」〔荀子・議兵〕 (2)むごいしうち。また、苦しみ。「艱酷(カンコク)」
「百姓離秦之酷=百姓秦の酷を離る」〔史記・曹相国・賛〕
(3)ひどい仕うちに対するうらみ。
《類義語》⇒恨。「銜酷=酷を銜む」
(4)(コクナリ)酒の味が強い。また、酒のかおりがきつい。
▽「こくのある酒」などの「こく」はこれから出た語という。
(5)はなはだしい(はなはだし)。はなはだ。
物事の程度がひどいさま。ひどく。「酷似」「酷暑」

梏(コク)(しめつけるかせ)と同系。

もどる