鞠 


〔T〕【漢音】キク  【呉音】ギク
〔U〕【呉音】【漢音】キク
まり, けまり, やしなう, きわまる, ただす, きわめる


会意兼形声。
右側の字(音キク)は「米+勹(つつむ)」からなる会意文字で、米つぶをつつんでぐっとまるめることを示す。鞠はそれを音符とし、革(かわ)を加えた字。ぐっとちぢめて、外から包んだかわのまり。躬(キュウ)(かがめたからだ)・窮(かがむ、ちぢむ)は、その語尾がのびたことば。
※このキクの語尾が弱まってキュウとなると「球」という字で表される。


〔T〕まり。けまり。かわで包んだまり。
 《類義語》⇒球。「爿鞠(トウキク)(けまり)」

〔U〕
(1)(キクス)からだをまるくかがめる。
《類義語》⇒躬(キュウ)。
「鞠躬(キッキュウ)」(背をマリ型に丸く曲げる)
(2)(キクス)やしなう(やしなふ)。
からだをかがめて、保育する。だいじに育てる。
「母兮鞠我=母や我を鞠ひたまふ」〔詩経・小雅・蓼莪〕
(3)からだが小さくちぢまっているさま。おさない。「鞠子(キクシ)」
(4)(キクス)きわまる(きはまる)。しめつけられる。ふさがる。窮する。
▽鞫(キク)に当てた用法。
「自鞠自苦=自ら鞠し自ら苦しむ」〔書経・盤庚中〕
(5)ただす。きわめる(きはむ)。
罪人をとことんまでとり調べる。問いつめる。▽鞫(キク)に当てた用法。

掬(キク)(手をまるくちぢめてすくう)・球(ぐっとちぢめたたま)と同系。

もどる