叫 


【呉音】【漢音】キョウ(ケウ)
さけ、さけび、 よぶ

会意兼形声。
右側は、糾(キュウ)の原字で、なわをよじりあわせたさまを描いた象形文字。叫はそれを音符とし、口を加えた字で、ノドをしぼってさけぶことで、しめよせる意を含む。


(1)さけぶ。さけび。
のどを絞めてかん高い声でさけぶ。また、さけび。
《同義語》⇒僅。「絶叫」
「或不知叫号=或いは叫号するを知らず」〔詩経・小雅・北山〕
(2)《俗語》よぶ。…と命名する。…とよぶ。
(3)《俗語》させる(使役)・される(受け身)の意をあらわすことば。

糾(なわをよじる)と同系。交(よじりあわす)・絞(コウ)(しぼってよじる)とも縁が近い。

もどる