逑 


【漢音】キュウ(キウ)  【呉音】グ
あつめる, あつまる, つれあい, とも

会意兼形声。
「(しんにょう)+音符求(中心にむかってひきしめる)」で、ぎゅうっと引きしぼるように、一か所にあつめること。


(1)(キュウス)(キウス)あつめる(あつむ)。
あつまる。一か所にあつめる。また、ひと所にあつまる。
《同義語》⇒鳩。
(2)つれあい(つれあひ)。とも。
ひと組になった仲間。
《同義語》⇒仇。「窈窕淑女、君子好逑=君子の好き逑」〔詩経・周南・関雎〕
(相手という意味の用法は、仇に当てたもの)

救(ぐいと引きしめる)・球(中心に引きしぼられた形、たま)と同系。

もどる