球 


【漢音】キュウ(キウ)  【呉音】グ
たま

会意兼形声。
求は、からだに巻いて締める皮ごろもを描いた象形文字。裘(キュウ)の原字。球は「玉+音符求」。⇒求


(1)たま。
中心にむけて、ぐっと引き締まったまるい美玉。
求心力によって丸くまとまった形。
転じて、まるく締まった玉状のもの。
▽数学では、半円を直径のまわりに一回転させた立体を球といい、同体積の立体のうち、表面積が最も小さい。
《類義語》⇒珠。「地球」「球根」
(2)たま。
まるいボール。
《同義語》⇒毬(キュウ)。
《類義語》⇒丸。「野球」「球技」

手+求(キュウ)(中心にむけて締める)・救(ぐいと引き締める、すくう)などと同系で、鞠(キク)(まり)・菊(中心に向けてまるく締まったきくの花)などとも縁が近い。

もどる