践 


【漢音】セン  【呉音】ゼン
ふむ

「足+音符戔(セン)(小さい)」で小きざみに歩くこと。また、前もってきまっている位置に足をのせ、両足をそろえること。そろえるの意を含む。


(1)ふむ。小きざみに歩く。小きざみにふみくだく。
《類義語》⇒踏。「馬蹄可以践霜雪=馬蹄は以て霜雪を践むべし」〔荘子・馬蹄〕
(2)ふむ。ふみ行う。きめた通りに、また、いった通りに行う。「実践」「践言=言を践む」
「不践迹=迹を践まず」〔論語・先進〕
(3)ふむ。きまった位置に片足をふみ入れてから、両足をそろえる。
《類義語》⇒履。「践位=位を践む」

剪(セン)(切りそろえる)・前(足をそろえて進む)と同系。

もどる