浅 


【呉音】セン  【漢音】セン
あさ

戔(セン)は、戈(ほこ)二つからなり、戈(刃物)で切って小さくすることを示し、小さく少ない意を含む。
は「水+音符戔」で、水が少ないこと。


(1)あさい(あさし)。水かさが少ない。
《対語》⇒深。「浅瀬」「浅則掲=浅ければ則ち掲ぐ」〔論語・憲問〕
(2)あさい(あさし)。少ない。いくらもない。色が薄い。
《対語》⇒深。「浅学」「浅緑」「功浅=功浅し」

賤(セン)(財貨が少ない→いやしい)・箋(セン)(小さい竹札)・錢(=銭。小ぜに)・盞(サン)(小ざら)などと同系。

もどる