侠 


【漢音】キョウ(ケフ)【呉音】ギョウ(ゲフ)
きゃん

人+夾(キョウ)
両わきに子分をかかえ、両側から守られて大の字型にたつ親分を示す


子分をわきにはさむ親分
子分をかかえて仲間どうしで協力する人たち。男だて。
▽結社をつくり法に従わないが、義理がたい風骨を持つとして、中国では評価された。そうした人間を個人でも侠という。「侠客(キョウカク)」「任侠(ニンキョウ)」「遊侠(ユウキョウ)列伝」
《日本語での特別な意味》きゃん。
 (イ)男気があるさま。
 (ロ)はすっぱな女。

峽(=峡。山の間にはさまれた谷)・挾(キョウ)(=挟。両側からはさむ)・頬(キョウ)(両側から鼻をはさむほお)と同系。また、協(キョウ)とも縁が近い。

もどる