奪 


【呉音】ダツ, ダチ  【漢音】タツ
うば

大(ひと)+隹(とり)+寸(て)


人がわきにはさんでいる鳥を、手ですっと抜きとる。
(1)うばう(うばふ)。すっと抜きとる。
「裁奪(サイダツ)(残すか抜き去るかを定める。転じて、上役や役所の決定のこと)」「匹夫不可奪志也=匹夫も志を奪ふべからず」〔論語・子罕〕
(2)うばう(うばふ)。力ずくで他人のものを抜きとる。
「強奪」「奪項王天下者必沛公也=項王の天下を奪ふ者は必ず沛公なり」〔史記・項羽〕
(3)うばう(うばふ)。ポストをとってしまう。
「悪紫之奪朱也=紫の朱を奪ふを悪むなり」〔論語・陽貨〕
(4)(ダッス)抜ける。
 《同義語》⇒脱。「訛奪(カダツ)(文章のまちがいや抜けたところ)」

脱(抜ける)・兌(ダ・ときほぐす)と同系。

もどる