情 


【呉音】ジョウ  【漢音】セイ
なさ, まことに

心+青(すみきった)


心の動きをもたらすエキスのこと。
(1)感覚によっておこる心の動き。
(2)人の心の働きによるさまざまの思い。人の心の感じ方や社会の通念。「情理」「不近人情=人情に近からず」
(3)男女の恋い慕う思い。
(4)ほんとうの気持ち。本心。
「無敢隠朕、皆言其情=敢へて朕に隠す無かれ、皆其の情を言へ」〔史記・高祖〕
(5)ほんとうのこと。ほんとうの姿。「実情」「情偽(ほんとうとうそ)」
「夫物之不斉物之情也=夫れ物之不斉なるは物之情也」〔孟子・滕上〕
(6)個人的な感情や情実。
(7)まことに。ほんとうに。
《日本語での特別な意味》なさけ。人情。思いやり。「世は情け」

精(エキス)と同系。

もどる