注 


【慣用】チュウ  【呉音】ス  【漢音】シュ
そそ

「水+主(じっと立つ)


(1)(そそぐ)水の柱がひとところにじっと立つようにそそぐ
(2)(そそぐ)目や心を一か所に集中させる
(3)(つける)一か所にくっつける
(4)(とどめる)一か所にとまるようにねらいをつけて投げる
(5)(しるす)書きとめる。記載する。書きとめたもの。
家 族(じっとたって燃える灯火の炎→一か所に居続けるあるじ)・(はしら)・(一か所にとどまる→すむ)・(一か所にとどまる)などと同系。

もどる