11. 我-義-宜-雁-岸-顔-言 ・・・ かどばっている
 我
 「我」 の甲骨文字を見ると、明らかに マサカリ のような武器の象形であることがわかる。
 したがって 「戉」(マサカリ) や 「戈」 (ホコ)と酷似した字形である。

 「我」(武器) や 「吾」 (語の原字で、話し合うこと) などの字を、一人称代名詞の 「われ」 に当てるのは、全くの仮借字である。

 同様に「女」(おんな)や「若」(なよなよした桑)を二人称代名詞に当てるのも仮借字である。

 角(かど)ばった山を々(ガガ)と形容し、ゴツゴツとした岩をという。いずれも 角(かど)ばった 意味を含んでいる。

 したがってまた、かどあるさま を といい、 という。礼儀の とは、だらしないさまの反対である。

 「我」 と とは、介音の有無によって、後世には語音がかけ離れたが、上古にはほとんど同じであった。

 『漢字語源辞典』(学燈社)  


  漢字の本 、藤堂明保博士の本 、漢字源 漢字検索用CD-ROM付 、学研 新漢和大字典 、漢文 (チャート式)

  漢字検定関連の本 、漢字検定問題集 、漢字クイズの本 、甲骨文字に関する本 、難読漢字の本

漢字家族 ] 
 
 
 
  
  
  
 
  
  
  
  
(もどる) [ 漢字家族 ]