[前のページにもどる] 
 <爾雅,釈鳥> の李注に 「野にあるを(ガン)といい、家にあるをという」とある。

 『漢字語源辞典』(学燈社) p.591
【呉音・漢音】ガ 【ピンイン】e2

形声
「鳥+音符我」。 があがあと鳴く声をまねた擬声語

水鳥の名。
がんを飼いならしたもの。
くちばしのつけねのところにこぶがある。飛ぶことができない。がちょう。

 我-義-宜-雁-岸-顔-言 ・・・ かどばっている の 家族
(もどる)