[前のページにもどる] 
 「飢えるなり。食+我声」 ・・・ 体がやせてゴツゴツかどばること。

 『漢字語源辞典』(学燈社) p.591
【呉音・漢音】ガ 【ピンイン】e4
うえる, うえ

会意兼形声
「食+音符我(ごつごつした)」。食物が不足して、からだがごつごつ骨ばること。

(1)うえる(うう)。食物が不足し、からだがやせて骨ばる。また、そのようになったさま。
 「労其筋骨、餓其体膚=其の筋骨を労せしめ、其の体膚を餓ゑしむ」〔孟子・告下〕
(2)うえ(うゑ)。食物が不足して、やせ細ること。「凍餓」

 我-義-宜-雁-岸-顔-言 ・・・ かどばっている の 家族
(もどる)