[前のページにもどる] 
 「嵯峨なり。山+我声」 ・・・ 山のかどばったさま。「嵯峨」(サガ) とは、「嶄崟」(ザムガム) と同じく、山のゴツゴツしたさま。
 『漢字語源辞典』(学燈社) p.591
【呉音・漢音】ガ 【ピンイン】e2
けわしい

会意兼形声
我は、ぎざぎざの刃のついたほこを描いた象形文字。峨は「山+音符我」で、山頂がぎざぎざとがった山のこと。

(1)けわしい(けはし)。山がぎざぎざとしたさま。「峨峨(ガガ)」「嵯峨(サガ ぎざぎざの山)」
(2)折りめがつき、高くとがったさま。「峨冠(ガカン 高い冠)」
(3)高く角ばらす。はっきりと、かどめをつける。「峨大冠=大冠を峨す」〔劉基・売柑者言〕

 我-義-宜-雁-岸-顔-言 ・・・ かどばっている の 家族
(もどる)