[前のページにもどる] 
 我
 「我」の甲骨文字を見ると、明らかに マサカリ のような武器の象形であることがわかる。
 したがって 「戉」(マサカリ) や 「戈」 (ホコ)と酷似した字形である。

 「我」(武器) や 「吾」 (語の原字で、話し合うこと) などの字を、一人称代名詞の 「われ」 に当てるのは、全くの仮借字である。

 同様に「女」(おんな)や「若」(なよなよした桑)を二人称代名詞に当てるのも仮借字である。

 『漢字語源辞典』(学燈社) p.589
【呉音・漢音】ガ 【ピンイン】wo3
われ,, わが

象形
刃がぎざぎざになった戈(ほこ)を描いたもので、(ガ、ぎざぎざ切りたった山)と同系。
「われ」の意味に用いるのは、我(ガ)の音を借りて代名詞をあらわした仮借

(1)われ。わが。一人称代名詞。古くはおもに所有格と目的格に用いた。
 「問孝於我=孝を我に問ふ」〔論語・為政〕
 「三人行、必有我師焉=三人行へば、必ず我が師有り」〔論語・述而〕
(2)自分の考えに凝り固まること。かた意地。「我執」「毋固、毋我=固を毋くし、我を毋くす」〔論語・子罕〕
(3)わが。自分の。親しみの意をこめた呼び方。「我兄(ガケイ)・(ワガケイ)(あなた)」
 「窃比於我老彭=窃かに我が老彭に比す」〔論語・述而〕
(4)《仏教》自分への執着。
 元来は自己の心・身体をいい、迷いに執着する自分の心を指す。これを脱することが仏教の根本の一つとされる。「我執」

 我-義-宜-雁-岸-顔-言 ・・・ かどばっている の 家族
(もどる)