<卑慢>「他は多分己れに勝れたるに、己れ少分及ばずという」

  ・自分よりもはるかに優れた人材に対して
  「なあに、たいしたことはない」と思う