<増上慢>「未だ勝徳を得ざるに・・・ すでに得という」

  ・自分ではまだわかってもいない境地を、
   証得したかのようにふるまうこと