あなたのあたたかいご寄付で笑顔が生まれる。

バングラデシュ人民共和国。そこは古代仏教国。
南アジアで急速に発展しつつある喧騒と砂埃の大都会ダッカからバングラデシュの旅は始まります。
政情不安や貧しい国というイメージ強く、遠い存在になりがちなこの国も一歩足を踏み入れると人々のエネルギッシュな活力に満ち溢れた姿に驚きます。

彼らは外国人が珍しく何処に行っても大勢の人々に囲まれ、5人が10人、そして20人と連れ立って歩く姿は人気スター気分です。彼らは、困っていることは無いか?と気遣ったり、手を引いて道案内したりと、ともて人懐っこく親切です。一方、ダッカでは仕事を求め大勢の人々が集まる中で、路上生活を余儀なくされるストリートチルドレンに「今何がしたい?」と質問しました。みんな口々に「思いっきり働きたい」「好きなだけ勉強したい」と目をキラキラ輝かせながら笑顔で答えます。

バングラデシュはイスラム教が90%近くを占め、ラマダン(断食)や毎日の礼拝を初め「身を律する」習慣があり家族や社会に対する思いやりの強さを感じるとともに、私たちは家族や祖先を振り返る時間が減りだしている事に気付かされます。「人間にとって大切なものは何か?」時間に追われる私たちに、こんな単純な問いかけを彼らは純粋な微笑みでやさしく教えてくれそうです。

バングラデシュは36年前に国民の尊い命の犠牲の上に独立を勝ち取りました。聖なるガンジスを含む河に囲まれた世界最大のデルタ地帯です。国土は147,570キロ平方メートルの大きさに対し人口は年々増加し、狭い国土に乏しい資源。季節は雨季と乾季に分かれ、洪水と渇水のもたらす被害は深刻です。さらに飲料水のヒ素汚染問題や気候変動による海岸の浸食及び地下水の海水化問題など厳しい自然災害さえも、あるがままに受け入れ、あるがままに生きている彼らの姿に感動し、そこには無心でカメラのシャッターを押している私たちがそこにいます。


私たちは「NPO法人一日一縁」です。バングラデシュへ笑顔を届ける為に活動しています。
詳しくはこちらまで【www.e-kihu.com
日本国内では、子供達にもっと自然に興味をもってもらう為に田舎体験プログラムを実施しています。今年は丹波の黒枝豆の農業体験を実施します。
詳しくはこちらまで【www.e-kihu.com/inaka
※丹波の黒枝豆の農業体験のホームページは現在準備中です。しばらくお待ち下さい。
※2006年は田植えの農業体験プログラムを実施しました。