初心者のハイドロカルチャー生活ロゴ

*******初心者のハイドロカルチャー生活 [観葉植物/ハイドロカルチャー/水耕栽培 初心者の初心者のためのページ]***********

space space space
space

〜挿し枝の方法〜

順調に株が育ち、葉がもさもさして来たら剪定をしてあげましょう。
その時に切った枝を挿し枝にして、株を増やせたらいいですね!
ということで、以下の順番で挿し枝の仕方を紹介していきます。

  1. 挿し枝の方法の種類
  2. 挿し枝に適した時期
  3. 方法及び手順
  4. 実際にやってみた
space
space
space
space

1.挿し枝の方法の種類

ハイドロカルチャーの挿し枝の方法はいくつかあります。

  1. 水に挿す。
  2. オアシスやロックウールに挿す。
  3. 直接ネオコールやハイドロボールなどに挿す。

我が家では@とAをやった事があります。Bはちょっと恐くて、出来ません(笑)。 最近では特に@をよくやります。
根が生えきたり伸びていく様子が見られるので楽しいです。
また、根の状態を随時確認できるので、失敗もなんだかんだで少ないように思います。

ということで、@の水に挿す方法をここでは紹介していきたいと思います。

space
space
space
space

2.挿し枝に適した時期

挿し枝を行う時期は、土植えでも水挿しでも5〜7月が一番だとよく言われます。

なぜかというと、この時期が植物の成長期にあたるということと、雨が多く湿度が高い為葉から蒸発する水分が少なくなるためです。
葉から蒸発する水分が枝の切り口から吸う水分より多くなってしまうと、だんだんと葉がしおれていってしまいます。
なので、これを防ぐ為に湿度の高い時期に挿し枝をすることが良いとされているのです。

もちろん、挿し枝は梅雨の時期だけではなく、春先から秋にかけて(真夏を除く)行うことは出来ます。
ただ、乾燥が気になる時期は植物の上からビニールをかけてあげたり、大きな葉は半分くらいにカットしてあげたりして、乾燥を防ぐようにしてあげましょう。
根が出てきてくれたら根から水分を吸うことが出来るので、そこまで乾燥に気を使う必要はありません。

根が出てくるまでが勝負です。

space
space
space
space

3.方法及び手順

挿し枝の方法及び手順です。

3-1 挿す枝を用意する

まずは、挿し枝をしたい植物から長い枝をえらび、よく切れるカッターで5,6節目あたりで切ってあげます。
もちろんはさみで切ってもいいのですが、切れ味の悪いはさみは水を吸いあげる組織を壊してしまうので、出来るだけ切れ味のいいものを選びましょう。

切った枝は、上から2,3節を残して下葉をちぎり取ります。 この葉をちぎった節目あたりから根が出やすいです。
また、枝に葉がなかったり少なすぎたりすると根が出づらいと言われていますので、必ず葉は2節位は残してください。
葉が多すぎると、蒸発する水分が多くなってしまうので注意です。 (4)で使用したプミラのように葉が小さければそのままでもいいですが、ピレアなど葉がある程度大きいものは、この時点で2/3〜1/2くらいの大きさにカットしておきます。

カットする枝の長さや、どのくらい葉を残すかなどは植物によって違います。
その都度、植物辞典などで調べるのをお勧めしますが、基本的にハイドロカルチャーで育てられる植物の挿し枝のやり方は、どれも同じようです。


3-2 切った枝を水につける

切った枝は直ぐに水につけてあげましょう。
使用する水は水道水で構いませんが、ミリオンAを入れてあげてください。 ミリオンAには水腐れを防ぐと共に、植物に必要な微量ミネラルを供給します。 実際経験として、ミリオンAを入れると植物が元気になります。
根が出るまでは液肥などの肥料は与えてはいけません。


3-3 管理・置き場所

水換えは1日ごとに行うことが理想です。 ただ、経験上ミリオンAが入っていれば3日くらいは平気な気がします、、、ただし推奨はしません。
夏場は水が腐りやすいので、水換えを忘れないようにしてください。
置き場所は直射日光の当たらない明るいところがいいと思います。 蛍光灯の下でも、明るければ問題なく発根します。 ただし、クーラーなどの風が当たる場所は乾燥してしまうので避けましょう。 それでも乾燥が気になる場合は、上からビニール袋をかぶせるといいと思います。

植物の種類や、枝の体力にもよりますが、1週間〜1ヶ月ほどで発根します。 3-2でもかきましたが、この間は肥料はあげないでください。

3-4 植え付け

発根してから1ヶ月ほど経ったらレカトンやネオコールで植えつけてあげましょう。 その頃には根も十分に伸びています。
植え付け方法は、普通にハイドロカルチャーを植えつけるのと同じ要領です。 根を傷つけないよう最新の注意を払いながら、行いましょう。

さあこれで、新しく株を増やすことが出来ましたよ。

space
space
space
space

4.実際にやってみた

実際に我が家のプミラ君で、水挿しから植え付けまでをやってみました。

space
space

今回用意したのは、あまり伸びてはいないのだけれど、枝のつきっぷりが切るのにちょうどいいという理由で選ばれたプミラ君です。
このプミラから長い2本の枝をえらび、よく切れるカッターで5,6節目あたりで切ってあげました。

左がチョキン前のプミラ君で、右がチョッキン後のプミラ君です。


さて、チョキンコしたプミラの枝の上の2〜3枚の葉を残し、下の方の葉をちぎってあげました。そして、ミリオンAを入れた水につけてあげます。
今回は実験ぽくビーカーを使用しました(笑)

ここからが我慢の時でした。。。根が生えるまで水をこまめに取り替えながらひたすら待ちます・・・ミリオンAを投入しているので3日に一度くらいの頻度で水を変えてあげました。

・・・・待つこと2週間。とうとう根が生えてきました(喜)

左が水に挿したばかりのコプミラ君で、右が根が生えてきたところです。


根が生えてきてからも、植えつけたい欲求を我慢してしばらく水挿しで育てます。

発根より1ヶ月程経過したら、根は大体3cmくらいの長さになりました。植え時というのはどの段階で?というところまでは明らかに明言できませんが、大体これくらい伸びれば良いと思います。

写真は発根から1ヵ月後の写真です。


作業開始より約60日・・・やっと植え付けです。

植え付けは、通常の苗と同じ手順で行います。今回はモサモサさせたいので、2本を同じ器に寄せ植えしました。

ただ、根っこも少なく苗も細いので植え付けには苦労しました。ネオコールをそろりそろり入れても苗が斜めになってしまいます・・・ポットなどを使うと良いのかもしれませんが、我が家ではなんとかそのまま植え付けました(笑)。

これで、我が家のプミラの鉢がひとつ増えました♪

space
space space space
*******初心者のハイドロカルチャー生活 [観葉植物/ハイドロカルチャー/水耕栽培 初心者の初心者のためのページ]***********
Copyright 2006-2007 ”初心者のハイドロカルチャー生活” All Rights Reserved