佐 多 岬 ・ さたでぃらんど

 

 

  

 

 こちらは本土最南端の佐多岬です。有料道路の佐多岬ロードパークを通ると31度の標識。

 

しばらく走ると駐車場があり、そこに本土最南端の公衆電話があります。

 

 

そのまままっすぐ行くとトンネルが見えてきます。そこで料金を払い、トンネルを抜けると山道の始まりです。

 

 

途中に神社があり、そこを通り過ぎると断崖絶壁が見えてきます。展望台まで結構歩きます。

 

元食堂跡?を通り過ぎると階段が見えて、それを登りきるとようやく展望台です。

昔はここでジュース等を販売していましたが、今は営業しておらず、景色を見るだけになっています

  

ただ、本土最南端の景色は、強い潮風の音と匂いが調和して、来てみてよかったと思わせてくれます。

  

その他にも、佐多にはさたでぃ号というボートがあります。船底に窓があり、海底がのぞけるという訳です。

船底にもぐれるようになっていて、そこの窓から、サンゴ礁や熱帯魚など、本当の海の自然を見る事ができます

ウツボくんや、運が良ければ亀さんなんかもいたりします。(大抵はアジとかですが・・・・熱帯魚なんかも見れる)

泳げない人でも安心ですが、乗り物酔いに弱い方は要注意です。 

               

展望台からの眺めは、最高です。うっすら見えるのは種子島です

 

 

 

(HOME)