霧島 霧島神宮

 

 

場所は鹿児島県は霧島市 

霧島神宮は 天孫降臨   迩迩芸命(ににぎのみこと)   を祀った神社だそうです。

創建は6世紀といわれ、はじめは高千穂の山頂にありましたが、霧島山の幾度の噴火で火災にあい、次にその西の中腹へ移動し、その後高千穂河原へ移動し、1484年に現在の場所へ移って来たそうです。

現在の社殿は江戸中期1715年(正徳五年)に第21代藩主 島津吉貴により造営寄進されたそうです。
霧島神宮の境内には樹齢約七百年の大きな老杉があります。

 

朱色の建物は、周囲の静けさもあいまって、西の日光と称される事も頷けます。

 

 

君が代に詠われる さざれ石 も神社の入り口に奉納されています。

大きな石が、長い年月に雨や風によって、小さな石になり、それにコケが生えるまでって一体何年位かかるのでしょう。

 

 

 

 

 付近にはお食事処もいっぱい

こちらは近くのお蕎麦屋さん 場所は民芸村の中の神宮亭

味がしっかりしていてとても美味しいお蕎麦です。奥には露天風呂もあるそうです。

とてもおいしく頂きました。

 

 

 

さてさて、鹿児島は日本初の新婚旅行の地でもあります。

詳細は写真の看板に書いてはありますが、

坂元龍馬が妻おりょうと、寺田屋事件の後に霧島の山深く入り、温泉で傷を癒したそうです。

こちらの看板は境内の中にあります。