JR西日本  湖西線

 

 JR湖西線は昭和49年に関西と北陸方面を結ぶバイパス線として開通しました。そのような成り立ちから開業時から現在に至るまで、国鉄色の特急「雷鳥」など様々な長距離列車が走っています。長距離列車の多い湖西線も最近では京阪神都市圏の一路線としての色合いも濃くなっており、その普通電車も色々な車両が走るようになりました。

 撮影は平成20年2月22日。場所は雄琴駅です。

 

 

 国鉄色の特急「雷鳥」は今も昔も変わらぬ姿で・・・。

 

 

こちらは683系「サンダーバード」。「雷鳥」の速達列車的存在です。

 

 

「トワイライトエクスプレス」色のEF81が牽引する特急「日本海」がやって来ました。

 

 

貨物列車も元気です。新型の赤い機関車はEF510「レッドサンダー」。

 

 

こちらの貨物列車は昔ながらのEF81。車体が結構傷んでいます・・・。

 

 

 

「湘南色」も元気です。でも、「カフェオレ色」が混ざっていますが・・・。

 

 

路線表示が「草津線」ですが、湖西線と草津線は共通運用が多いようなのでご愛嬌です。

 

 

元・新快速の117系も元気です。こちらは「福知山色」です。

 

 

 

「湖西線名物」の117系トップナンバー編成はなんと原色!本当に「懐かしく」「カッコいい」!

 

 

 戻 る