ありがとう、新幹線0系・・・そして、もうじきお別れ・・・。

 

 

 新幹線0系、いわば「初代新幹線」の事です。今でこそ「0系」なんて呼び方をしますが、私達の子供の頃は「0系しか無かった」ので特に0系とは呼んでいませんでした。

 管理人は東京で生まれましたが、父親の実家が兵庫だったので子供の頃から0系には大変馴染みがありました。でも、当時は「新幹線ってつまらない」って思っていたんですよ。「ブルートレイン」や「在来線特急」で田舎へ行かれる人を羨ましく思っていました(笑)。

 0系との縁は続きます。父の仕事の関係で東京から広島へ引っ越す時も0系でした。広島から、そしてその後高松へ引っ越した時も東京への道程は岡山からの0系でした。「東京へ行きたいな・・。」と、岡山駅でよく0系の東京行きを見送ったものです。

 私の就職後の平成3年、仕事で神戸に住んでいた両親が東京へ戻ると新幹線との縁は切れてしまいました。もっとも。その頃は100系が主力になっていましたが・・・。

 その初代新幹線0系、いよいよ平成20年秋に引退を迎えます。山陽新幹線に残った0系は全車登場時の「リバイバルカラー」に塗り変えられ、最後の走りを見せています。

 

 

西明石では親子連れの方がいました。でも、0系に興味があるのはお父さんのようでした・・・。

                                                        西 明 石

 

 

こちらは上り列車です。望遠・広角で0系の二つの姿を撮ります。

                                                    西 明 石

 

 

新神戸は私の父方の実家への降車駅でした。いつも0系からこのカーブしたホームへ降りたものです。

                                                       新 神 戸

 

 

フィールターを付けっぱなしだった関係でしょうか、ゴーストが・・・。でも、うちの子いわく二枚目は「新幹線が泣いてるみたい・・・」と・・・。

                                                        新 神 戸

 

 

到着です。ここでも頑張ってビデオやカメラを撮っていたのはお父さん達・・・!

                                                    新 神 戸

 

 

 

 岡山・広島方面へ向けて出発して行きました・・・。ありがとう、0系・・・。

                                                         新 神 戸

 

 

  戻 る