インフルエンザ脳症

解熱剤

子供が突然意識障害を起こしたり、痙攣をしたりする病気に脳炎や脳症があります。 インフルエンザに感染した後にかかることも多く、インフルエンザ脳症は、毎年数百人の子供が発病し、 死亡率は50%、後遺症が残ってしまう確率も25%にのぼるなど、とても怖い病気です。

インフルエンザにかかってから、2日以内に発症することが多く、ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、 変な事を口走る、などの意識障害が起こり、痙攣を伴う場合もあります。熱性けいれんや高熱時のうわごとなどとの 区別が付けにくいのですが、症状の重さや持続時間などで区別されています。

回復しても、知能や運動機能に障害が残ってしまうことがあり、恐ろしい病気ですが、 現在の段階では根本的な治療法はない、というのが実情です。

100人を越える発症は日本にしか見られないことから、原因は何であるのか追求されていますが、 解熱剤が関係しているのでは?とも考えられています。 日本では熱を下げる時に、ボルタレンやポンタ?ルなど、解熱剤としては強すぎて他の国では使われていない薬を 使っていました。現在では、原則としてアセトアミノフェンという薬以外は解熱剤としては使用しないことになっています。 解熱剤をもらった時は、必ず薬の名前を確認して使うようにしましょう。 また、大人や上の子供の解熱剤を自分の判断で使うことも避けましょう。

インフルエンザ脳症を防ぐためには、こうした薬の確認、また、インフルエンザの予防接種が大切です。 大切な子供の命を守ってあげてくださいね。

インフルエンザの特効薬「タミフル」は安全か?

子供にとって怖い病気であるインフルエンザですが、最近ではその特効薬とされる「タミフル」をめぐってさまざまな 意見があり、実際に子供に服用させてよいのか、不安に思ってしまいますよね。

インフルエンザにかかって48時間以内にタミフルを服用すると、症状が軽く済み、回復が早いと言われています。 しかし子供が突然死したり、異常行動が起こったりと、タミフルの安全性が疑問視されるようになり、2007年3月、 タミフルの使用中止を求める声が出始めました。ですが、2007年12月の厚生労働省薬事・食品衛生審議会安全対策調査会の 報告によると、タミフルを服用した時としていない時とでは、異常行動が現れる確率に違いはなく、 むしろタミフルを服用した時の方が少ないとの結果が出たということです。タミフルと異常行動との因果関係は、 はっきりしないままですが、インフルエンザが発病して2日間くらいは子供の行動をしっかりと監視しておく 必要があります。また、10歳未満の子供は、インフルエンザ自体で生死にかかわることもあるので、 タミフルの服用は引き続き推奨されています。

タミフルによる異常行動が問題視された時期から、「リレンザ」という薬がよく使われるようになりました。 これは、吸入タイプで使い方が面倒なために今まであまり使われていなかった薬ですが、タミフルと同様に、 インフルエンザウィルスの特効薬として使用される薬です。ですが、リレンザも、タミフルと同じように異常行動の報告が あり、その因果関係ははっきりしていません。どんな薬を使うにしろ、インフルエンザにかかった時は、 子供の様子や行動をしっかりと見守っておくことが大切だということですね。

インフルエンザの予防法

寒くなってくると、風邪をひかないか、子供を持つ親としては気になってきますよね。 特に、重症化する恐れのあるインフルエンザは、子供にとっては気をつけておかなければいけない病気です。 予防には、まずは予防接種が第一ですが、それだけでは不十分です。インフルエンザや風邪のウィルスにやられないように、 お家で簡単にできる予防はいくつかありますよ。

外から帰ったら、まずはうがいと手洗いです。これはとても大事なことです。手洗いは、さっと水洗いするだけではなく、 石鹸で指の間や爪の間まで、しっかりと洗いましょう。1日5回手洗いする人は、手を洗っていない人に比べて45%も 風邪をひく人が少ない、との調査報告もありますよ。うがいはのどの細菌を減らすために、出来れば1分程度やることが 効果的です。 水道水でも効果はありますが、カテキンの殺菌作用がある紅茶や緑茶でうがいをするとより効果的ですよ。

お部屋を温かくして、湿度を上げることも大切です。ウィルスを死滅させるのに最適な温度は20度〜24度、 湿度は60〜70%です。加湿器を使っても良いですが、霧吹きスプレーで水を噴霧してやっても良いですね。 また、濡れタオルをお部屋に干しておいても効果的です。タオルを3枚くらい干しておくと湿度が50%程度になると 言われています。簡単にできて良い方法ですよね。

1日の中で一番風邪を引きやすいのは夜中です。朝子供が起きてきたら、急に体調が変化していた、 なんてことは良くありますよね。夜中(2時から4時頃)は、体が乾燥してウィルスが増殖しやすい時間なのです。 寝かせる前に、温かい飲み物を飲ませておくと効果的ですよ。目が覚めたら水分をとれるように、 枕元にお水などを置いておいても良いですね。

毎日のちょっとしたことで、簡単にできる予防法。子供と一緒にパパやママもしっかりやっておき、風邪の季節も楽しく 過ごせるようにしましょう。



このページのトップにもどる
プライバシーポリシー