天文14年(1545)山名誠通、久松山に出城として築城。
 
 
天正元年(1573)山名豊国、本城として整備。
  天文9年(1581)羽柴秀吉の兵糧攻めにより開城。
宮部氏が入る。
 
 
  慶長5年(1600)宮部氏改易。池田長吉(輝政の弟)入封。
  城の中枢部を山麓に移す4年の大改修。
元和3年(1617)池田長幸 備中松山に移封。池田光政入封。
寛永9年(1632)光政岡山に移封。岡山の池田光仲が入封。
以後、明治維新まで12代続く。
 
 
  
 
 
 
 

明治元年1868