○文永2年(1265) 関氏 亀山古城を築城。
 
 
 
○元亀4年(1573) 関氏 織田信長により追放。
○天正18年(1590) 岡本宗憲 現在の亀山城を再築。
 
 


○寛永9年(1632) 堀尾忠晴、幕命をミスしで天守を取り壊し。
○寛永13年(1636) 本多俊次、入封。大修築開始。
○寛永18年(1641) 再建されない天守代わりに三重櫓建築。
○正保元年(1644) 多聞櫓等七棟建築。
○慶安4年(1651) 石川憲之、入封。
 
○寛文9年(1669) 板倉重常、入封。
  ○宝永7年(1710) 松平(大給)氏、入封。
  ○享保2年(1717) 板倉重治、入封。
○延享元年(1744) 石川総慶、入封。
 
 
○安政元年(1854) 地震により太鼓櫓、楠門櫓に被害。。
明治元年1868