○天正14年(1586)生駒親正この地を治めるが翌年転封
○天正15年(1587)宇喜多秀家入封
 
○慶長5年(1600) 池田輝政播磨に入り長政を赤穂に入れる
  ○慶長8年(1603) 池田忠継が備中に入る
○慶長18年(1613) 岡山池田氏の所領になる
○元和元年(1615) 忠継死後五男政綱が立藩


○正保2年(1645) 常陸笠間より浅野長直が入封
○慶安元年(1648) 新城に着手
 
○寛文元年(1661) 赤穂城完成
○元禄14年(1701) 浅野家断絶
○元禄15年(1702) 長井直敬 烏山から入封
  ○宝永3年(1706) 森長直 備中から入封
 以後 森氏が12代明治まで続く
 
 
 
明治元年1868