旭川越しから見た現在と往時の復元 (マウスを画像にドラッグしてください)
: 岡山城は岡山平野を流れる旭川の一帯でも最も高くて東にあった岡山に宇喜田秀が築き、小早川氏、池田氏と移りながら堅固な城になっていった城です。山陽路の数ある城の中でもまぎれもない名城で、黒い容貌から烏城と呼ばれ、白い城の代表格とも言える姫路城に比肩します。創建年代が桃山時代の最盛期なのでその時に建てられた天守や櫓には多彩な手法がなされてました。特に天守は典型的な望楼型で、不定形五角形の床プランを持つ大型二層櫓の上に矩形の櫓を乗せ不整合ながらまとまりのあるダイナミックな美しい姿は全国の天守の中でも特異で、よく云われる安土城天守との近似性もうなずけます。安土城天守の奇抜さには及ばないものの、この天守の造形力にも卓越したものを感じます。明治初期まで残っていた建築群を古写真で見るとその瀟洒で豪快な佇まいにも圧倒されます。時代の流れとはいえ、それらの建築が簡単に取り壊されたのは残念です。岡山城の曲輪は宇喜多、小早川、池田、3氏のものが混在しています。宇喜多秀家は父親の直家が居城としていた古岡山城を改修し今の岡山城の元を造ります。関ヶ原の合戦後に宇喜多氏に替わって移ってきた小早川秀秋は本丸に中の段と三の丸の拡張をし、城下町を広げます。池田氏の代には西の丸の新設、本丸中の段の拡幅等を行い現在の縄張が出来上がります。天守や櫓類も同じように三氏のものが混在して林立していたようです。天守は復元ですが宇喜多氏、現存の櫓二基は池田氏のものが見れます。: その現存櫓の月見櫓は本丸にあり衆目を集める反面、もう一基の西手櫓は本丸から離れた西の丸にあり堀を埋め立てた土地に建つ周囲の建物に隠れて人知れず建っているという感じです。岡山城を廻って興味深いのは前途のように混在する石垣や櫓を確認できることです。いかにも古式な天守と新しい時代の月見櫓。古写真でも下見板張りの黒い櫓と総城壁の白い櫓が混在しています。石垣も野面、打込、切込と石垣造営の進化を見れる見本があちこちに分散しています。個人的にはどちらも初期中期あたりまでが好きですが。。。近年になり曲輪の発掘調査された成果を地下埋蔵物として展示されているのも見所にもなっています。


本丸太鼓櫓と大手門跡。近日復原予定です。


岡山城のいま



写真説明は拡大に載せています
クリックしてください
本丸大手門をぬけて本丸下の段から大手枡形を見たところです。手前の石垣に内下馬門が載っていたわけです。
本丸大手門枡形
クリックしてください
本丸の櫓の中では最も大きい大納戸櫓がありました。古写真で見ても古式を残した堂々とした櫓です。
大納戸櫓台
クリックしてください
左手が本丸中の段で右手の復興された不明門を抜けると本丸本段です。
本丸中の段と本段
クリックしてください
大納戸櫓跡の左手、本丸中の段の石垣面です。左手、中、右手と各石垣の積み方が違います。岡山城は城主の変遷による工事で三期に分かれた石垣が見れますが、このあたりがそれを顕著に見れる場所ではないでしょうか。正面は近年積み直し修復が行われたようです。
本丸中の段石垣

クリックしてください
池田忠雄の時に建てられた。外面に石狭間などを持つ軍備櫓の顔と内側は最上階に望楼を持つ優雅な顔のふたつを併せ持つ櫓。月見と名が付くようにこの望楼は東南に開いています。
現存の月見櫓
クリックしてください
往時の本丸建物配置です。月見櫓のみ現存。
縄張図(拡大で本丸図です)
クリックしてください
昭和41年(1966)に復興された不明門です。往時は柱、長押が露出した白木造でした。
不明門
クリックしてください
月見櫓の外側は唐破風、千鳥破風、白木の出窓など意匠に富み美しい姿です。
月見櫓見上げ
クリックしてください
本丸中の段下に発掘された初期の縄張石垣が露出展示されています。城主の代替わりによる縄張の拡張や変更などの多かった岡山城がよく解かります。
本丸中の段発掘石垣展示
クリックしてください
千鳥破風、雨戸の木目、唐破風、と連続するモティーフが美しいですね。
月見櫓部分
クリックしてください
表書院の様子がよく分かります。現在中の段の地表面にこの間取で原寸表示されています。
本丸中の段表書院説明
クリックしてください
こちらは右写真の右下図の拡大です。
右史跡説明の部分拡大
クリックしてください
中の段全体の発掘を含めた説明です。左下の宇喜多秀家時代の天守図が趣きがありますね。
本丸中の段史跡説明
クリックしてください
発掘調査の説明パネルです。出来れば左写真のように広範囲な発掘展示がして欲しかったところですが。。。
本丸中の段発掘説明
クリックしてください
本丸本段からみる天守です。この天守は南北の幅にくらべ東西が異常に広い変形な平面を持ちます。本丸本段から見る天守は東西面になるため威風堂々とした姿です。これは岡山城北側の後楽園から見える天守にも同じことが言えます。どちらも視覚的効果を狙ったものでしょう。なお、天守下の石垣面の入口は復興時に新たに作られたもので往時は左の塩蔵からの入口のみでした。
天守の顔−1
クリックしてください
岡山城天守は二層の大櫓の上に二層の櫓を乗せた典型的な望楼型天守です。重なり合う意匠の違う屋根や黒壁(往時は黒漆)のコントラストが美しいです。近年に軒先瓦を金装飾されて往時の華やかさが感じられもします。
天守の顔−2
クリックしてください
岡山城天守の最も特徴的な不等辺五角形の平面を感じれるアングルです。二層目の隅にへばりつくような唐破風に美意識を感じます
天守の顔−3
クリックしてください
本丸下の段の西から見上げた天守です。細長く瀟洒な立ち姿で南北面とは全く異なった印象です。南北面に比べ量感はないですが大千鳥破風の重なりが力感を表現しています。
天守の顔−4
クリックしてください
天守復元に伴い本丸御殿跡に移された天守礎石です。
天守礎石展示
クリックしてください
要害門と六十一雁木。この雁木の手前に六十一雁木下門が渡っていた。
要害門
クリックしてください
復興された廊下門です。本丸下の段より。右手石垣上が小納戸櫓跡。
廊下門
クリックしてください
本丸本段の高石垣ですが、裾部分は大丈夫かな?と思うほどかなりはらんでいます。。
本丸本段の高石垣
クリックしてください
戦前まで残りながら戦災で惜しくも焼失した石山門跡です。左下の説明は写真の門跡の説明板の拡大です。
石山門跡
クリックしてください
[左] 西手櫓。現在はかっての堀が埋め立てられ目前まで建物が建ち外側はこの状態であまり見えません。 [右] 西の丸南面石垣。写真の奥左手の石山門跡から西に連なる石垣面でこの手前角左手が左の写真です。
西の丸石垣と現存の西手櫓
クリックしてください
右の西手櫓の写真と照らしてお読みください。
西手櫓説明
クリックしてください
[左上]南面。[左下]東面。現在は重要文化財指定ですが、かっては国宝だったのかその趣旨の石碑が建っています。 [右上]北面。 [右下]現在ははっきり見れなくなった西面ですが、軒唐破風を配してシンプル美しい姿です。
西手櫓四面
クリックしてください
旧内山下小学校前に立つ「池田光政公隠居所」の説明です。この敷地の奥に西手櫓があります。この旧内山下小学校は平成13年に閉校になっていますが、西手櫓、明治天皇御臨幸の石碑、池等庭園の名残もあるこの敷地の歴史的な保存整備がされることを願います。
西の丸説明
クリックしてください
右写真の喫茶店裏庭から見上げた西手櫓です。一層目の軒唐破風が少し見えます。しかし、、櫓の前にこれほど建物が迫っているのはあまりみたことがありません。いい櫓だけに惜しい状態です。
西手櫓西面
クリックしてください
ちょっとヨーロピアンな建物「禁酒會館」の1F右手にある喫茶店「ラヴィアン・カフェ」の裏から西手櫓が見えます。店内は土間のシンプルなアンティーク風で喫茶とカレーなどの軽食もあります。この店内を抜けると裏庭のようなスペースになっていてここから西手櫓が左写真のように見えます。あとで分かったことですが、禁酒會館は大正初期の建物で戦災でも運よく残り現在は国の登録文化財に指定されています。
西手櫓が見れる喫茶店。 地図はこちら
 
 クリックしてください
戦災で焼失した天守の再建工事です。旭川対岸から。
再建中の天守