人吉城の大手門跡と往時の復元です。 
縄張図・クリックしてください縄張図   
  人吉城は、もともと平氏の代官がいた城でしたが、遠江国相良の出身の相良長頼が人吉荘の地頭となり建久9年(1198)に城主になり、翌年より修築したと伝えらています。人吉城が資料に初めて出るのは、大永4年(1524)のことです。この頃の(室町時代)の人吉城は、原城と呼ばれる現城跡の東南台地上にあった山城で、素堀りの空堀や堀切によって守られていた城でした。室町時代に球磨郡を統一した相良氏は、やがて芦北・八代・薩摩方面へと領土の拡大を図り、戦国大名として発展します。しかし、天正15年(1587)の羽柴秀吉の九州征服により、球磨郡のみの知行となり、以後は石高22,165石の人吉藩として明治4年(1871)の廃藩置県まで存続しました。人吉城が石垣造りの近世城郭して整備されるのは天正17年(1589)からで、何度か中断しながらも、51年後の寛永16年(1639)に現在見られる石垣が完成しています。球磨川と胸川を天然の堀とした人吉城は、本丸・二の丸・三の丸・総曲輪からなる平山城です。本丸には天守はあがらず、二階建の護摩堂が建てられ、二の丸と三の丸の西側麓に城主の館がありました。城の周辺の総曲輪は上級武士の屋敷があり、川辺近くには役所や倉庫が置かれました。水の手門近くの「武者返し」と呼ばれる石垣は、幕末に導入された欧州の築城技術である棉出(はねだし)工法で築かれたものとして有名です。現在の人吉城は城内の建築物は残っていませんが、台地部分と平地の縄張と石垣が良好に残っていて明解な梯郭式を見ることができます。また、球磨川を外堀としながら、多くの船着場を設けて水運を利用した「川の城」であったこともよく分かります。
拡大マーク付きの写真はクリックで拡大します。
 クリックしてください
球磨川と胸川を天然の堀として利用したのがこの角度からよりダイナミックに伝わります。
  クリックしてください
幕末には「代物蔵」として使用された。石塁に合わせて鍵形となったおり、梁間2間(4m)、桁行25間(50m)。手前には舟着場の石段があります。。
クリックしてください
大手門櫓は正保年間(1644~1648)に建てられ、享保5年(1720)に作り替えられ、明治の初期の払い下げで撤去されました。梁間2間半(5m)、桁行12間(24m)、切妻型の櫓門でした。
球磨川と胸川の合流正面平櫓が北西隅の角櫓。右に長塀と大手門脇の多門櫓です。 多聞櫓江戸時代前期の1640年代に建てられ、宝永4年(1707)の大地震で傾いたので修理されている。平成5年に復元。 多聞櫓と大手門櫓台胸川御門とも呼ばれた大手門の櫓が右の石垣台にのっていました。
 クリックしてください
往時はこの多聞櫓と左に大手門櫓が建ち、大手口の堅固な守りが体感できたでしょう。L字に長く伸びる多聞櫓が美しいです。
大手門跡と復元の多聞櫓大手門跡を城内側からみたところです。 長塀宝永4年(1707)の大地震で壁の一部が損壊すると、塀の控石柱を抜いて厚さ3尺(90センチ)の土塀に改造されています。現在の塀は平成5年に復元。 石落とし平成5年に復元された石落としです。
 クリックしてください
角櫓は発掘調査の結果、寛永17年(1640)以降に建てられたことが判明しています。江戸後期には漆の貯蔵庫として使用されています。文久2年(1862)の大火事でも焼け残りましたが、明治初期に払下げで撤去されました。
 クリックしてください
角櫓と川入り
 クリックしてください
発掘調査の結果、渋谷家は鍵形の母屋を中心に土蔵・泉水・井戸などを配していました。母屋は広さ262㎡(約80坪)で、台所・広間・座敷・寝間などの5部屋からなり、台所隅には食糧貯蓄用の穴蔵(写真左)がありました。
大手多聞櫓と大手門櫓台
本来は海に面した東の丸北東隅に建っていた艮櫓です。艮櫓は太鼓櫓より大型のため移築の際には太鼓櫓台の石垣には手が加えられたとか。。それにしても大きな石落です。この大石落や珍しく鋭角な大千鳥破風などアンバランスでありながら安定感を感じさせます。
角櫓と軍役蔵跡角櫓は平成元年に復元。軍役蔵は武器関係の倉であったと考えられています。
川側の石段川に下りる石段です。船着場以外にもこんな川に出る開口部があるのが人吉城の大きな特徴ですね。 渋谷家屋敷跡。大手門周辺は重臣の屋敷を配して戦時に備えた。これは天保期(1830~1844)の渋谷三郎左衛門屋敷跡です。
クリックしてください
山の平らなところが三の丸になります。その右半分ほどのより森の深いあたりが二の丸と本丸になります。
桑折氏は伊達家の重臣で、元は伊達氏からであり伊達一族といえます。小説「樅木は残った」の原田宗輔も桑折一族です。
クリックしてください
御館石垣
外曲輪より詰城をのぞむ正面に本丸・二の丸・三の丸の詰城が立ち上がっています。 武者返し石垣と麓居館石垣。外曲輪の東部分が麓の御館で、長大な石垣が続きます。 麓居館石垣。麓の御館を取り囲む長大な石垣です。右手が南方向になります。奥左手に曲がると人吉城唯一の堀があります。。
 
空襲で焼失した桜門跡です。往時は門の左右には多門櫓が続いていました。門の向こうにかざし(眼隠し)の石垣がみえます。その背後に三の丸御殿がありました。
御館御門橋麓居館(御館)の南にある堀です。橋は明和3年(1766)に架けられた現存の石橋です。 麓居館(御館)跡ところどころに礎石が顔を出しています。
詰城への登り石段。麓居館跡より山上の三の丸に登る石段です。 詰城石垣三の丸に登る途中の石垣です。見事な切り込みはぎ石垣です。この石垣が城中で最も精度が高いかもしれません?
   
三の丸跡三の丸の上段と下段です。正面奥に少し見える石垣が二の丸です。 二の丸と三の丸跡左上が二の丸、右手が三の丸の上下段です。
 
空襲で焼失した桜門跡です。往時は門の左右には多門櫓が続いていました。門の向こうにかざし(眼隠し)の石垣がみえます。その背後に三の丸御殿がありました。
 クリックしてください
中門跡枡形。門戸止め石や礎石がよく残っています。このような門跡や枡形跡はワクワクしますね。
 クリックしてください
左の石垣は二の丸。正面三の丸から視界が広がります。
中門跡三の丸から二の丸に入る正門がこの中門です。
中門の内枡形。左手の石垣台に中門櫓が渡り、右手(手前)に折れる内枡形です。 三の丸よりの展望
桑折氏は伊達家の重臣で、元は伊達氏からであり伊達一族といえます。小説「樅木は残った」の原田宗輔も桑折一族です。
クリックしてください
かなり狭い本丸ですが、数多く残る礎石をみると往時は二層の護摩堂などが建っていてさらに狭く感じたでしょう。
二の丸跡正面奥が中門跡、左手が二の丸御殿跡です。通路の左右には石造りの排水溝が走っています。。 本丸への石段二の丸の南奥に本丸への石段があります。 本丸跡。護摩堂があったという本丸跡です。
 クリックしてください
御下門跡を山側から。門を入ったところに出入り監視のための門番所がありました。
 クリックしてください
御下門跡正面。御下門は「下の御門」とも呼ばれ、人吉城の中心である本丸・二の丸・三の丸への正規の登城口に置かれた門です。大手門と同様の櫓門形式で両側の石垣に梁間2間半(5m)、桁行10間(20m)の切妻型の櫓をわたし、その中央下方の3間分を門としていました。
 
屋敷跡
大手多聞櫓と大手門櫓台
 クリックしてください
間米蔵跡 [ 間米蔵は水の手門西側にあった間村の年貢米を納められたといわれる蔵です。3間×10間(南北6M×東西20m)規模です。幕末の文久2年(1862)の寅助火事で焼失し、再建されましたが、明治初期の払い下げで解体されています。]
御下門跡(裏手)三の丸を北に下ると御下門跡の石垣がみえてきます。 御下門跡正面
水の手門跡右手が水の手門跡・左手の礎石のある建物跡が「間米蔵」跡です。
 クリックしてください
武者返し石垣上より
武者返し石垣上から水手門付近を見降ろしています。
 
水の手門付近の復元です。
[ 右奥の武者返し石垣には文久2年(1862))の寅助火事で焼失した長櫓を復元しています。水の手門東側の石垣上には塀は築かれず竹が植えられていました。 ]
クリックしてください
武者返し石垣側面
武者返し石垣上から水手門付近を見降ろしています。
 クリックしてください
武者返石垣を側面からみると火災で長櫓が焼失した後に西洋式の石垣突出部をつけて積み替えたのがよく分かります。
武者返し石垣当初はこの石垣台には長櫓がありましたが、火事により焼失し、その後には西欧式の石垣工法で組み直されました。 堀合門堀合門は御館の北側にあった裏門で明治維新まで残っていましたが、明治4年(1871)の廃藩置県後に城外の士族邸に移築され市の有形文化財に指定されています。その現存する門や絵図などに基づいて平成19年に現地に復元されたものです。門の右手に長大な(4間×10間)米蔵が二基連なっていました。右手奥に御下門跡の石垣がみえます。門の左手石垣は武者返し石垣です。


 年表
建久9年 1198 ○相良長頼 人吉荘の地頭として入封
安土
桃山 天正15年 1587 ○羽柴秀吉の九州征服 人吉郡のみの知行に。
天正17年 1589 ○改修始まる
寛永16年 1639 ○改修が終わり近世城郭になる。
江戸
 
 
享和2年 1802 〇城内から火災
文久2年 1862 〇城下から大火(寅助火事)
明治
住所 :熊本県人吉市麓町 
(電車)JR肥薩線人吉駅からバス

Mapionの周辺地図はこちら



: