(画像にマウスをドラッグしてください)
現在の本丸南面と往時の復元です。左から大天守、小天守、月見櫓。右奥に横櫓。橋は明治に新たに架けられた八代宮の神橋です。 
 
八代城は熊本城の支城であった麦島城が元和5年(1619)の地震により崩壊したため、熊本城主加藤忠広が、幕府の許可を得て加藤正方に命じ、同6年から8年にかけて球磨川河口北側の低地にある松江村に築城されたものです。方形状の本丸を中心に東側に二の丸、西側に三の丸、北側に北の丸、出丸が配された。寛永9年(1632)加藤氏の改易により熊本城主となった細川忠利の父忠興(三斎)が入城して北の丸を居所として本丸に四男立孝を居住させる。正保2年(1645)閏5月に立孝(立允)が、続いて12月に忠興が没したため、家老松井(長岡)興長を八代城守衛とし、以後松井氏が在城。実質は城主で大名に準じる扱いを幕府から受けた。寛文12年(1672)落雷により天守、櫓、長塀を焼失。さらに寛政9年(1797)落雷により本丸大書院、三階やぐら等を焼失。大書院は再建されるが、天守、やぐらは再建されなかった。
明治6年に廃城後、建物は大書院を除き取り壊された。同17年に南北朝の征西将軍懐良親王を祀る八代宮が本丸に鎮座。その際本丸南側の月見やぐらと舞台脇やぐら間の石垣を取り壊して神橋が架設された。現在の八代城は縄張としては本丸と内堀しか残っていないですが水堀に囲まれた大小天守台や本丸の石垣にかっての雄姿を十分に思い浮かべることができます。本丸に八代宮が鎮座し、その参道として本丸南石垣の一部を取り壊して神橋を設ける改造が唯一残念です。連結式天守であった大天守は一階平面が十間×十一間で、「正保絵図」によると外観四層の層塔式に描かれていますが、近年見つかった松井神社の松井家蔵鳥瞰図によると初層に大入母屋を飾り、最上階には望楼のあることが分かりました。上の復元図はそれに従っています。
 
現在の本丸表口と往時の復元です。左から欄干橋・磨櫓(左奥は方形櫓)・高麗門・頬当御門。
 クリックしてください
縄張図 (クリック拡大で中枢部)

拡大マーク付きの写真はクリックで拡大します。
 
桑折氏は伊達家の重臣で、元は伊達氏からであり伊達一族といえます。小説「樅木は残った」の原田宗輔も桑折一族です。
クリックしてください
本丸表口枡形跡
本丸表口、高麗門・欄干橋跡本丸表枡形門の一の門跡です。右手石垣が二の門であった頬当御門跡です。欄干橋は木造の太鼓橋でしたが現在はコンクリート製です。 頬当御門跡石垣左開口部の上部に頬当御門櫓があがっていました。右手に進むと本丸跡です。 本丸表口枡形跡。良好な状態で残っています。
 
桑折氏は伊達家の重臣で、元は伊達氏からであり伊達一族といえます。小説「樅木は残った」の原田宗輔も桑折一族です。
クリックしてください
連結式天守台石垣。左の小天守台と中央の大天守台の間は渡櫓ではなく土塀で挟んだ橋台で、名古屋城と同じ形式です。大天守台から右に伸びる石垣の東端に唐人櫓がありました。右下は清掃管理小屋のようで清掃する人達が出入りしていました(余談です^^)。
本丸西端正面は小天守台とその入口です。 本丸跡現在は本丸中央に八代宮が鎮座しています。したがって見学者は本丸を外周するだけしかないのです。 連結式天守台。左から小天守台、渡石垣、大天守台、渡石垣、唐人櫓跡です。連結式の見事な連なりです。

 クリックしてください
小天守台。正面石垣の開口部が小天守入口でその下に石段があるはずですが、埋もれたままです。右手前に付櫓の石垣がみえ、L字型であった小天守の形状がよく解ります。
 クリックしてください
大天守台入口。小天守とは渡櫓ではなく手前の橋台(左右に土塀)で結ばれていました。
クリックしてください
大天守穴蔵跡
小天守台正面に小天守入口がみえます。地階から右に曲がり渡石垣で大天守に向かいます。 大天守入口小天守からみた渡石垣と台天守入口です。 大天守穴蔵。右の石垣開口部が入口です。入口を入った東西両側に上層部に上がる石段があります。

 
桑折氏は伊達家の重臣で、元は伊達氏からであり伊達一族といえます。小説「樅木は残った」の原田宗輔も桑折一族です。
クリックしてください
本丸北西部
埋御門跡左石垣上に唐人櫓、右石垣上に北九間櫓があり、その間に埋御門櫓が連結していました。ここを抜け右に折れると本丸搦手口です。 本丸搦手口外枡形です。橋前には高麗門があり、廊下橋が架かっていました。現在はコンクリート製の橋です。 本丸北西部。左に本丸搦手口。中央が大天守台、その右に小天守台。右奥の本丸南西角が月見櫓跡です。堂々とした四層の大天守と小天守や月見櫓が連なっていた雄大な姿が浮かびます。
 
[上]藤兵衛丸跡 [下]山里倉庫
本丸南西部正面角石垣上に月見櫓が建っていました。右の橋は明治に石垣を取り壊して新たに設けられた矢代宮の神橋です。。 本丸東南部正面石垣隅に三十間櫓とその東端に方形の櫓が乗っていました。右に張り出した石垣は大手正面を守る磨櫓跡です。その右の橋がかっての太鼓橋跡です。

 年表
安土
桃山
元和8年 1622 ○加藤忠広 築城
寛永9年 1632 ○加藤氏改易 細川忠利が熊本藩主に。忠利の父・細川忠興が北の丸に隠居し、立孝(四男)が城主に。
江戸
正保2年 1645 立孝,忠興死去。家老の松井興長が城主に。
 以後明治3年の廃城まで松井氏が続く。
寛永12年 1672 天守・櫓・長塀が落雷で焼失
 天守は再建されず。
寛政9年 1797 本丸大書院・三重櫓等が落雷で焼失。
 本丸大書院のみ再建。
住所 :熊本県八代市松江町 
(電車)JR鹿児島本線八代駅からバス八代宮前下車

Mapionの周辺地図はこちら



: