名護屋城 その2


     
弾正丸より見た本丸と馬場上段の本丸と下段の馬場。馬場を右手に抜けると三の丸。馬場の左手に櫓台が見えます。名護屋城の石垣の破却は一様にのこぎり状になっており、この馬場の石垣も同様です。 下山里丸入口石段。右写真の上山里丸口に比べシンプルな構えです。この山里丸には数寄屋、御台所、添の間、上台所などの大家屋が建ち並んでいたそうです。 山里口上山里丸に通じる虎口です。門礎石、石段、玉砂利敷が発見され、石の積み直しの整備がなされて名護屋城の中でも最も往時の姿が再現されている場所です。

   
山里口内部2重の食い違い(小さな枡形が連続し折れ曲がる)を持った虎口であるのがよく解ります。石垣上に塀や建物があった当時はもっと狭い空間に感じたことでしょう。この先の上山里丸跡は現在は私有地の畑があり残念ながら入ることは出来ません。発掘調査で茶室が見つかっています。 水手口北方向に開く虎口です。ここから左手に上ると本丸の搦手口、右手に向かうと遊撃丸と二の丸に進みます。
       
台所丸他の曲輪から離れて鯱鋒池に囲まれる台所丸です。現在は写真のように樹木に覆われ全景は見れませんが、目を凝らすと下部に石垣を見ることができます。 太閤井戸台所丸の北西にある太閤井戸です。肥前名護屋城図屏風に描かれている井戸と位置が一致しています。秀吉もこの井戸水を飲用したのでしょう。 鯱鉾池名護屋城唯一の堀です。北西部に掘られ北側で台所丸を取り囲んでいます。


 陣 跡

堀秀治陣説明パネル_クリックしてください
     
堀秀治陣跡説明パネル現地説明パネルです。クリック拡大してお読みください。 搦手口より北西曲輪搦手口からかなり勾配のある坂を登ると北西曲輪です。 北西曲輪うねった丘陵の北西隅にある曲輪です。正面奥の山が本城(名護屋城)です。 大手口右手が大手曲輪跡。左手が大手石段跡です。右手に曲がると本曲輪に出ます。
クリックしてください
 
     
堀秀治陣跡本曲輪説明パネル現地説明パネルです。クリック拡大してお読みください。 本曲輪整備され建物跡が平面表示されています。御殿、広間、能舞台、茶室など。この狭い敷地にも能舞台があり能が当時の武家の必須科目であったのが分かります。 島津義弘陣跡左の波戸岬に突き出した丘陵全体が陣跡です。森の中に入ると樹木の下に石垣が広がっています。
 
島津義弘陣跡より望む玄海灘島津義弘やこの陣屋を訪れた武将達が見たであろう玄界灘が当時と同じ姿で広がります。


城 景 
 クリックしてください  クリックしてください クリックしてください   クリックしてください クリックしてください 
 クリックしてください  クリックしてください クリックしてください   クリックしてください クリックしてください 
 クリックしてください  クリックしてください クリックしてください   クリックしてください クリックしてください 



名護屋城    さんぽな城
  

: